白く美しい歯並びで輝く笑顔を | 大分県別府市の矯正歯科・審美歯科・ホワイトニング・小児矯正歯科のしろくま歯科◇矯正歯科

しろくま歯科◇矯正歯科|大分県別府市の矯正歯科・審美歯科・ホワイトニング・小児矯正歯科
〒874-0924 大分県別府市餅ヶ浜町7-19 NCLビル2F (餅ヶ浜マルショク駐車場角)TEL 0977-22-4690
〒874-0924 大分県別府市餅ヶ浜町7-19 NCLビル2F (餅ヶ浜マルショク駐車場角)TEL 0977-22-4690
〒874-0924 大分県別府市餅ヶ浜町7-19 NCLビル2F (餅ヶ浜マルショク駐車場角)TEL 0977-22-4690
  • サイトマップ
  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大
  • 2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
この記事の投稿日:2020年04月16日

ライオンの歯

ライオンは生後間も無く歯が生え始め、生後3ヶ月ごろには早くも肉を食べ始めるそうです。そして、8ヶ月頃には、計30本の立派な永久歯が生えそろいます。

よく発達した犬歯は、獲物を捕らえ、引きちぎることができます。

奥歯の臼歯も大きく先の尖った形状で「烈肉歯(れつにくし)」と呼ばれるそうです。その名の通り、硬い肉を噛み切ったり、骨を噛み砕いたりするのに適しています。

ライオンが、口を横にしてエサや獲物にかぶりつくのは、烈肉歯を使っているからのようです。野生下では、烈肉歯を失うと餓死するとも言われているそうです。

ネコ好きの人なら、その舌がザラザラしているのはご存知の通りです。

同じネコ科ののライオンの舌も、凹凸が並びザラザラしていて、その感触はおろし金のようだと言われています。

これが食事をするとき、獲物の骨に残った肉を削ぎ落とすのに役立つのです。

また、毛繕いをするとき、ゴミや抜け毛を取り除くブラシの役割も果たしています。

そんなライオンの顎の関節は上下方向にしか動きません。

一度噛み付いた獲物を逃さないためです。

食べる時は咀嚼せず、肉を噛みちぎって丸呑みします。

私たち人間や草食動物のように、食べ物を臼歯ですり潰す必要がないので、左右方向に動かなくても不便ではないのですね。

 

大分県でも緊急事態宣言が発令されましたが、当院では診療を継続致します。

既存の患者様や急患の患者様が安心してお越しになれるよう、

スタッフ一同健康管理と院内感染予防に努めてお待ちしております。

 


  • 部分矯正のご案内
  • 診療時間のご案内
  • 交通アクセスのご案内
  • 無料メールご相談窓口
  • 各種クレジットカード対応
  • 求人情報
  • しろくま歯科◇矯正歯科facebook
  • 大分トリニータを応援しています。

ページトップへ戻る